2006年03月30日

エスムラルダ・デ・マンボ!

まず最初に…。
発売開始からずいぶん経ってしまいましたが
現在発売中の雑誌「ユリイカ」のマドンナ特集で
伏見憲明先生と、なぜかマドンナについて対談しています。
シモーヌ深雪さんも評論を書かれていて
とても読み応えのある一冊になっています。
madoesumu.jpg

3月3日は「Y-nights」でした。
久しぶりに新宿2丁目のクラブイベントに出たのですが
(よく考えたら、12月頭の「PLAYBOY PLAYGIRL」以来でした)
とても楽しかったです。
「タイムリミット」という曲でショウをやったのですが
「エスムの男を盗る」(?)役をアルピーナさんが、
それをこらしめる(?)ために現れる「エスムの分身」を
バビ江さん、エンジャスさん、ワッピーさんがやってくれて
それだけでもう、大満足でした。

そして先週末は「エベシライズ」でした。
今回は、ミッツ・マングローブさんの運転する車で山梨へ。
二人だけでゆっくり話すのは初めてだったのですが
近頃のゲイコミュニティを憂えたり、恋愛話をしたり
とても楽しい旅でした。
何より、昨年の名古屋のNLGRで、ミッツたちがやっていた
杏里のショウに出させてもらえたのが、すごく嬉しかったです。
今回は、前回に引き続き、山梨のティンコウちゃんとも一曲やったのですが
他の人と共演すると、可能性が広がって楽しいですね。

ところで…。
4月1日に、代々木のライブハウスで、女装で
「エスムラルダ・デ・マンボ」という歌を歌います。

これは、2004年11月の「VOICE」でご一緒した
YASUMASAさんが作ってくださった曲で
詞は、恥ずかしながら、僕が作りました。
本当は1年前に、歌入れまで終わっていたのですが
歌い方などが気に入らない部分もあり(偉そう)
「録りなおしてもらわないと…」と思っているうちに
月日が経ってしまったのでした。
今回が初披露です。
このために、MIKOさんという方に
新しい衣装も作っていただいています。

いまだに、「自分の歌を聴きたがっている人がいるかどうか」については
半信半疑なのですが
お時間のある方、興味のある方は、是非お越しください。
他の出演者の皆さんは、プロの方ばかりなので
(僕のがどうしようもなくても)大丈夫だと思います。

ちなみに「エスムラルダ・デ・マンボ」、詞はこんな感じです。
恥ずかしい…。
「いろいろあるけど、人生楽しもうよ」というメッセージソングです。
うそ。臆病な自分への自戒の歌です。
辛抱は、した方がいいと思います。

ライブの詳細はこちら。
http://www.livehouse.com/asp/bandpin.asp?GeA_c=3&GeB_c=17&GeC_c=135&Band_c=953

「エスムラルダ・デ・マンボ」

こわがらなくていいの
スタイルは気にしないで
リズムにカラダあずけ
踊ればいいの

恋だっておなじこと
悩んでもしかたない
ココロにカラダあずけ
動けばいいの

めくるめく熱帯夜
禁断のくちづけが
指先に つま先に
火をつけてく

エスムラルダ・デ・マンボ!
耳掃除にメンボー(綿棒)!
吐息まじりの声で
みだらにささやいて

エスムラルダ・デ・マンボ!
夏はいらないダンボー(暖房)!
燃え上がる情熱で
さあ 愛をかわすの

かくさなくてもいいの
人はみな弱いもの
すべてさらけ出せば
強くなれるの

人生は短いわ
悩んでるヒマはない
カラダを使わなくちゃ
わからないでしょ

こだわりは脱ぎ捨てて
ためらいも脱ぎ捨てて
だけどそう UVケア
忘れないで

エスムラルダ・デ・マンボ!
シルベスタ・スタローンはランボー!
マッチョも女装もみんな
入りみだれ騒ぐの

エスムラルダ・デ・マンボ!
ヤクザ対策はミンボー(民暴)!
力づくでいいわ
さあ 夢をつかむの

エスムラルダ・デ・マンボ!
しなくてもいいシンボー(辛抱)!
この世はみな うたかた
風に舞う花びら

エスムラルダ・デ・マンボ!
当てたいサマー・ジャンボ!
この世の憂さ忘れて
踊り踊るの


posted by むらぽん(エスムラルダ) at 00:47| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
訴えたいことと
笑いが
絶妙に織り交ぜられてて
メロディーのついた歌で
聞きたくなりました。
振り付けとかあるのですか?w
Posted by うーじろ at 2006年03月30日 09:56
「エスムラルダでマンボ」
とても興味がありますww
詞がとても面白くすごい発想だなと。。。。
メロディが気になります♪
Posted by みちお at 2006年03月30日 13:34
 あ〜〜、すごく聞きたい衝動に駆られています・・・
 私は中国地方にすんでるのですが、広島のイベントの時にはおひろめはあるんでしょうか
 もしあるのでしたら是非にご拝聴させていただきたいです!
Posted by コーキー at 2006年03月30日 13:44
これNLGRで披露してほしい・・・・爆笑しました。意外なオヤジっぽさが(笑)

私事ですが、
ソニー銀行でつくった貯金箱にエスムさんはじめドラァグのスターのみなさまの名前つけたら

巨大迷路も迷わないで出てくると
案外、味気ないものですよ。
迷うからこそ、スリルが味わえるというものです。
いや、別に鈴木さんに
リスクのある商品をおすすめしているわけでは
ないのですが。

エスムラルダ

とか

お見合いでさけるべき話題は、「政治」「宗教」「自慢話」なんだって。
でもそれって、普段でも
初対面ではあんまり好まれない話題だよね。

肉襦袢ゲブ美

とか

好きでもない曲がアタマの中を回り続けることってない?
ここんとこ、バビ江ノビッチのアタマの中には、こんな曲が回ってる。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ね、なんかイケてない感じでしょ。
あ、でも大丈夫。見張り番のやる気に影響はないから。
そこはプロとして。

バビ江ノビッチ

とかいうメールがきて、結構うれしいです。

Posted by さと at 2006年03月30日 21:36
>うーじろさん

わーい!
誉めてくれてありがとう。
昨日、アップしてみて、「我ながらいい詞だな」と
思いましたよ(セルフ突っ込みナシ)。

振り付けはあるはずです。

>みちおさん

山梨のみっちー?なら、先日はお疲れ様でした!
違ったらごめんなさい。

メロディーもいい感じですよ。
ライブでは、歌詞に沿って
花吹雪を散らしたり
ライブハウスに火をつけたりする予定です。

>コーキーさん

いや、普通のクラブイベントではなかなか…。
ホラーを求めて来てる(?)人の前で歌うのは
ちょっと気がひけます…。
でも広島、楽しみにしています!

>さとさん

それ、超おかしいんだけど>メール
しかもそれぞれのキャラクターと文章が
妙に合ってる?のが不思議です。
ていうか、オヤジっぽいってどこが!
まあ、オヤジなんですけどね。34ですから。

Posted by むらぽん(エスム) at 2006年03月30日 23:32
素敵です。これを気にテレビ進出などは?
Posted by きゃさりん at 2006年03月31日 16:20
>きゃさりんさん

いえいえ、そんな…。
でもライブ、すっごく楽しかったです。
Posted by むらぽん(エスム) at 2006年04月02日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3月28日の湖澄 ぱーと3
Excerpt: これは昨晩でなく、一昨日の晩のものです。 白いブラウスが合わないなと思い、ピンクのカットソーにしましたがこれもまた微妙・・・・
Weblog: Welcome to Kochou's space
Tracked: 2006-03-30 07:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。